化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

コラム一覧

化粧水っていつも使う割には無頓着になっちゃいませんか?
化粧水について知って、最適な化粧水の選び方やベストな使い方などを見直せば、あなたのお肌にもっと効果をもたらしてくれるかもしれません、ぜひご覧ください!

化粧水の保存方法を工夫して長持ちさせよう

2017.03.25

化粧水の保存方法を工夫して長持ちさせよう

化粧水の保存は特に記載がない場合、常温で保存できるように作られています。そのため、化粧水は常温保存で十分なのです。ほとんどの化粧水に「直射日光や高温多湿を避ける」ように記載されているので、それを避けようと化粧水を冷蔵庫で保存されている人もいるのではないでしょうか。実は、冷蔵庫は化粧水の保存場所としては不向きな点があります。化粧水は冷蔵保存によって、成分の一部が結晶化してしまうことがあるのです。
成分が結晶化してしまった化粧水では効果が薄くなってしまったり、肌を傷つけてしまう可能性も出てきます。また、冷蔵庫で保存している化粧水を使うときに常温に戻して、使った後はまた冷蔵庫へ、といったように温度変化を繰り返してしまうと品質の劣化に繋がります。せっかくのスキンケアが化粧水の保存で台無しになってしまうこともあるので、注意が必要です。直射日光が当たるなど高温になる場所でも劣化してしまうので、冷暗所に置くことをおすすめします。多湿になる場所では余計な水分が入ってしまい、変質してしまうこともあるので気を付けましょう。
夏場などどうしても部屋自体が高温になってしまう場合は、冷蔵庫に入れた方が良いこともあります。化粧水を冷蔵庫に入れる場合は、冷やしすぎないようにタオルなどで包んで、野菜室に入れることをおすすめします。夏場の日焼け後など冷たい化粧水を使いたいときも、同様にタオルで包んで野菜室保存が良いでしょう。温度変化は出来るだけ避けた方が良いので、夏前までに常温保存の化粧水を使い切り、夏場は使い切れる量の化粧水を野菜室保存するという方法もあります。また、野菜室は野菜についていた土などで汚れていることもあるので、化粧水を入れる場合は衛生面でも十分に気を付けましょう。

続きを見る

どんな化粧水を、どんな基準で選び、どんなことを意識するようにして、どんな方法で使用していますか?
昨今、毎日毎日つぎつぎと新しい化粧品や基礎化粧品が登場し、ドラッグストアなどでは毎日「新商品!」の文字を見かけますよね。
化粧水もまたその一つです。きれいなお肌の女性タレントを起用した化粧水のテレビコマーシャルは、いまや見かけない日はありません。化粧水は毎日多くの女性が使用し、多くの女性のお肌を支えているのです。

化粧水は多くの女性のお肌環境を整え、さらに、「美白化粧水」「エイジングケア化粧水」「ニキビケア化粧水」など、プラスアルファの効果を発揮するものもあります。
「ビタミンC誘導体化粧水」には、紫外線や加齢によるシミ・たるみ、そして開いてしまった毛穴を引き締めてくれる効果がありますし、「アルカリ性化粧水」は少し刺激がありますがお肌を柔らかくしてくれます。毎日使用するという面ではとても身近な存在なのに、掘り下げてみると実にさまざま!こんなにも効能別に化粧水があるって知っていましたか?

そして化粧水は、特化した効果だけでなく、対象年齢や値段はまちまち。そして保湿具合にも結構差があります。あなたは本当に自分にぴったりの化粧水を選べていますか?自分にとって最適な化粧水で満足のいくスキンケアができるように、まずは化粧水について知識をつけましょう。

化粧水の保湿具合は商品によりさまざまであるとお話しました。一言に「化粧水」といってもこういった差があるのは、いろんな肌質の人がいるからです。
「美白」や「エイジングケア」など具体的な効果を求めている人はわかりやすいですが、特段なにかに絞った効果を求めない人には、どういった化粧水がおすすめできるのでしょうか?

簡単な目安として、自分の「肌質」があります。肌質は主に「普通肌」「乾燥肌」「脂性肌」「混合肌」4つのタイプに分けられます。
普通肌は皮脂・水分のバランスがとれていて、トラブルの少ない、多くの女性が憧れるお肌です。乾燥肌は皮脂・水分両方とも少なく、肌のかゆみや赤みが出やすいお肌です。そして、脂性肌は皮脂・水分両方とも多く、顔全体のべたつきや毛穴が目立ち、混合肌は目元・口元は乾燥するのに対し、おでこや鼻周りは皮脂が気になります。

この4つの分類で見たときのわかりやすい差は、ひとりひとりで見るともっと細かく分かれていきます。となれば、化粧水によってさまざまな保湿具合があるのには納得ですよね。まずは自分の肌質を理解しましょう!
化粧水は種類が豊富ですが、変えすぎるとお肌がびっくりしてしまいます。慎重に化粧水を選び、様子を見てあまり効果に満足できなかったら次、というふうにするのが無難ですね。もちろん、お肌がピリピリしてしまったりと相性がよくない化粧水であればすぐに使用を控えましょう。

このサイトでは、化粧水に関する基礎知識を中心に、ためになるコラムを掲載しております。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら