化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

化粧水とは

2017.01.11

あなたはどんなスキンケアをしていますか?大半の女性は、化粧水と乳液で完結でしょう。でも化粧水や乳液のそれぞれの効果・働きをきちんと理解して使用している人はあまり多くない印象です。
この工程でのスキンケアの場合は、「化粧水は肌の水分を補い、乳液でふたをする」という目的があります。このページでは、中でも化粧水に絞り、化粧水とは一体何なのか、くわしくご紹介!

化粧水は、主にお肌を保湿し角質層を整える効果をもつ基礎化粧品の一つです。
洗顔後・お風呂あがりの毎日のルーティンだから…乾燥肌だから何かしらで保湿しないと…というなんとなくな気持ちで化粧水を使用していませんか?
人におすすめされたから…口コミサイトで評価が高かったから…というなんとなくな気持ちで化粧水を選んでいませんか?
せっかく化粧水を使ってスキンケアするなら、自分のお肌に最適な化粧水を効果的に使用したいですよね。化粧水についてしっかりと理解して、無駄のないスキンケアをしましょう!

化粧水は一体なにもの?!

基本的な化粧水の効果・働きは、「肌を保湿し角質層を整える」ことです。洗顔後やお風呂からあがったときのお肌は、油分や汚れと一緒に保湿に不可欠な成分も洗い流れてしまっています。その不安定なお肌に化粧水によって水分や保湿成分を与え、補うことでお肌を整えて、いたわります。

化粧水の主成分というのは、実は水なんです。デパートでしか取扱いのない高価な化粧水も、ドラッグストアで手軽に購入できるリーズナブルな化粧水も、その約70%は水ということが言われているのです。でも「ほとんど水なら、最初から蛇口をひねって水でパシャパシャしたらいいじゃん!」とはなりません。なぜなら水は蒸発するものだからです。その水が蒸発せずにお肌の中へと浸透するように促す成分が、化粧水の残りの約30%なのです。

この残りの約30%は、グリセリンやBG(ブチレン・グリコール)などの水を保つ効果のある成分で構成されています。化粧水はこの次にあげるように効果別にさまざまな商品があります。その他の成分には、この効果に応じた成分がそれぞれ配合されているのです。

あなたにぴったりなものとは…

さて基本的な化粧水の効果・働きについてお話してきました。でももっと細かくじっくり見てみると、化粧水にさらに細かい効果に特化した商品がたくさんあります。次は、化粧水の種類について少し見てみましょう。

化粧水には実にさまざまな商品が存在します。
乾燥肌用・脂質肌用など肌質に応じて保湿力もさまざまですし、シミ・そばかす対策に効果のある「美白化粧水」、ニキビ改善・対策のための「ニキビ用化粧水」、毛穴の引き締め肌をふっくらとさせる効果のある「ビタミンC誘導体化粧水」、あかぎれの改善・対応策には「アルカリ性化粧水」、古い角質や汚れなどを除去する「拭き取り化粧水」など特定の目的にしぼって効果を発揮するものも。

自分の肌に必要な効果とはいったいなんなのかを見極め、最適な化粧水を選ぶことがスキンケアの鍵となります。

本当に必要な成分・効果のある化粧水を見極めて使いましょう!

関連コラム:化粧水と美容液の違い

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら