化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

化粧水は絶対に美容液より先?順番を守らなかった場合のデメリット |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

化粧水は絶対に美容液より先?順番を守らなかった場合のデメリット |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

化粧水は絶対に美容液より先?順番を守らなかった場合のデメリット

2017.03.02

化粧数⇒美容液⇒乳液⇒クリーム。スキンケアをする順番として、普段はあまり意識せずに行っているやり方だと思いますが、なぜいつもこの順にしているの?と不思議に感じたことがある人もいるのはないでしょうか。

当たり前にやってきた順番ですが、このやり方を守らずに違った順番でしてしまったときに、一体どういったことが起きるのか…基礎化粧品のそれぞれの役割やこの順番が良いとされる理由も交えて、ご紹介していきましょう。

■基礎化粧品のそれぞれの役割

では、どうして基礎化粧品にはつける順番があるのか。その理由は、それぞれの基礎化粧品には独自の役割と効果があるからなのです。

そこで私たちが普段よく使っている基礎化粧品の役割を、つけると良いとされる順番でご説明していきますね。

1:化粧水
最初につけるのは、何といっても化粧水です。洗顔によって失われた水分を素早く補えるのはこの化粧水です。しかも洗顔後、すぐに化粧水をつけることがマストです。

洗い立ての肌は水分を欲しがっているため、すぐに化粧水をつけてあげると、化粧水が肌に浸みこんでいくのが感じられるでしょう。このとき化粧水の入り込み方次第でその後の基礎化粧品のノリも違ってくるので、しっかりと化粧水をつけてあげることが大切になります。

2:美容液
肌のトラブル、シミ・シワ・タルミ・アンチエイジングなどを予防・解消し、局部的に気になるスポットを集中してケアしてくれる効能の高い化粧品です。

3:乳液
水分と油分をうまく配合された化粧品が乳液。化粧水だけでは不足しがちな水分を保湿しながら保ってくれます。

4:クリーム
乳液に比べ多くの油分が含まれているのがクリームです。化粧水から順に使ってきたアイテムをすべてこのクリームで肌に閉じこめるフタの役割をします。

この様に基礎化粧品には、“水分を含んだもの”と“油分を含んだもの”があります。ここでご説明したように、肌に水分と潤いを浸透・キープさせるためには、
『水分を多く含んだ化粧品⇒油分を多く含んだ化粧品』

という順番が要になるのですね。

■塗る順番が違うとどんなことに…?

では、この「化粧水⇒美容液⇒乳液⇒クリーム」という順番が違うと、一体どういったことが起きるのか…。
第一に言えることは、それぞれの基礎化粧品が持つ効果を十分に発揮できなくなります。さらに、効果を発揮できないばかりだけでなく、ひどい時には肌トラブルを起こしてしまいます。

なぜかというと、先ほどもご説明した通り、洗顔後の肌は洗顔時に必要な水分も落としていることになります。この状態では、基礎化粧品の大切な成分がなかなか肌へ浸透しにくい状態になっています。そのため、水分たっぷりの化粧水を最初に使い、基礎化粧品の成分を肌へ吸収し易くする必要があるのです。

ですが、肌が水分を必要としているタイミングに、美容液を先に塗ってしまうと、効能の高い美容成分がうまく吸収されずに、美容液そのものの効果が弱くなってしまいます。また乳液やクリームなど油分の多い化粧品を先に間違って使ってしまうと、その性質上、後からつけた化粧水などの水分や成分もブロックし、肌に浸透してくれないということも起こりかねません。

基礎化粧品のスキンケアの順番には、この様に意味があります。順番のつけ間違いやうっかり忘れたりすることで、肌にはあまり良くない結果も与えたりするので、きちんとこの鉄則を守るように心がけたいものですね。 もしも化粧水を使用していても肌が荒れる場合には化粧水の使用期限が切れているかもしれません。こちらもこまめにチェックしましょう。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら