化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

Q&A

結局、化粧水をつけるのは手がいいの?コットンがいいの?
手に化粧水をとると、化粧水が手に吸収されてしまう気がする、という理由でコットンを使用している人も多いでしょう。でも実際、コットンに化粧水をとると、手にとるより化粧水が蒸発しやすいです。つまりはどちらがいいとも言い切れないのです。でもここでおすすめしたいのは、両刀使いです。化粧水を手でなじませて浸透させた後に、さらに薄めのコットンにとり顔全体に密着させてコットンパックをおこなってみてください。いつものお手入れよりも、しっかりと化粧水の効果を感じることができますよ。
化粧水の使用量の目安は?
基本的には、各商品に記載してある目安量が、使用量の基準となります。でも、肌質は人それぞれですから、しっかりと効果を実感できる量を使用しましょう。特に冬などは乾燥しがちで、お肌は水分を求めています。一回のパッティングでは十分な効果は得られません。時間はかかってしまいますが、何度かパッティングをおこなうと良いでしょう。お肌が手に吸い付くようになってきたら、しっかりと成分が浸透した証拠です。
導入化粧水ってなに?
導入化粧水は、ブースター・導入液などとも呼ばれる、化粧水の前に使用する基礎化粧品です。最近各メーカーから販売されており、広く普及してきている印象です。効果としては、化粧水の浸透をサポートするというもので、化粧水の前に導入化粧水を使用することで、化粧水が浸透しやすいように皮膚表面から角層までの通り道を柔らかくほぐしてくれます。テクスチャーは商品によりけりで、トロっとしたものもあれば、シャバシャバとしたものもあります。
化粧水、夏は使わなくても大丈夫?
化粧水は一年を通して使用しましょう。汗をかくから、乾燥しないから、という思い込みで夏場に化粧水を使用しないでいると、お肌の環境が悪くなってしまいます。そもそも化粧水には、お肌の環境を整え、健やかなお肌を保つのに欠かせない成分がたくさん入っています。保湿効果を期待するというよりは、整肌成分を期待する基礎化粧品なんですね。それに夏も冷房などによりお肌は乾燥します。化粧水はもちろん、乳液やクリームもきちんと使用して、一年中お肌をいたわりましょう。
化粧水はどれくらいで使い切ればいいの?
最近は、お肌への刺激を極力控えた、無添加の化粧水が増えています。無添加の化粧水は、無着色・無香料・アルコールフリーなど、お肌にやさしい処方ですが、防腐剤や保存剤などの使用も控えているため、劣化のスピードが早いです。またプッシュ式などではなく、直接手にとるタイプのボトルの場合は、ボトルの口に雑菌は繁殖してしまい、これをお肌に塗り続けると肌荒れに原因にもなります。目安として、春・夏・秋・冬と1シーズンずつで使いきるようにすると良いでしょう。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら