化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

化粧水と美容液の違い

2017.02.28

コスメフリークになりたくない、肌に負担をかけたくない、色々な化粧品を選ぶのは面倒…など、スキンケアを化粧水だけで簡単に済まして満足している人はいませんか。

化粧水だけのシンプルなお手入れだと、肌を守るどころか、逆に美肌になるのを妨げてしまうことがあります。

使い慣れている化粧水と美容液には、それぞれの大切な役目があります。この違いをしっかり把握して、より肌に効果的な結果を与えてくれる正しい使い方をしていきたいものですね。 関連コラム:化粧水に乳液や日焼け止めを混ぜるのはOK

■化粧水の後は目的に沿った美容液を

似た印象をもってしまう化粧水と美容液の違いについて、ご説明していきましょう。また、どのように使えばより効果的なのでしょうか。

〇化粧水
化粧水はその名の通りその大半が水でできており、肌に足りなくなった潤いを補う効果が期待出来ます。ただ、強力な保湿効果があるわけではありません。

化粧水に含まれているのは、商品によってグリセリン・ヒアルロン酸・コラーゲンなどの保湿成分が配合されていますが、保湿成分は少量なので、化粧水のみのケアだと大部分を占めている水分が蒸発してしまいます。

洗顔すると肌は、汚れやメイクと同時に肌に必要な油分などの成分を落としてしまいます。さらに化粧水の水分が蒸発するときにも、肌にもともとあるセラミドなどの細胞間脂質と呼ばれる貴重な保湿成分までも一緒に飛ばしてしまうこともあるのです。

だから化粧水の後に欠かさず補いたいのが、乾燥を防ぎ保湿を保ってくれる油分(美容液や乳液やクリーム)です。化粧水一つだけでスキンケアを済ますのは、お肌を綺麗に保つには不十分と言えるのです。

〇美容液
美容液は、肌トラブルを予防・解消したりするためにつけるスキンケア商品で、その目的は、保湿・美白・肌のハリ・アンチエイジングなど色んなものがあります。化粧水も目的別に合わせて作られたものがありますが、美容液の方が効能の高い有効成分が多く配合されています。

値段は化粧水に比べて少々お高めですが、その悩みの改善に特化した効果を発揮してくれます。化粧水にはない美肌成分が入っていたり、ワンランク上の美肌を目指すことができるのが美容液です。美容液は成分が効果別にピンポイントで作られているため、自分に必要な成分が入っているかどうかを判断して、その目的に沿った美容液を選ぶことも大切でしょう。

美容液にはあまり油分が含まれていない保湿成分が多く、乳液やクリームのベタベタ感が気になる人には気軽に使えるアイテムとして重宝します。

化粧水の後に付けるアイテムとして美容液は保湿成分が高いので、化粧のノリを良くしたり、きれいにメイクを仕上げることができるというメリットもあります。

■化粧水と美容液それぞれの役目と効果を活かして

化粧水は『肌の水分を補うための役目』、そして特化した美容成分が濃縮された美容液は『肌の悩みにこたえてくれるプラスアルファの役目』があります。

スキンケアをする私たちがこの違いをしっかり認識することで、それぞれの大切な役目と効果を活かして、素敵な美肌を目指していきたいですね。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら