化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

背中ニキビの原因と化粧水でできる対策 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

背中ニキビの原因と化粧水でできる対策 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

背中ニキビの原因と化粧水でできる対策

2017.05.18

これまでに一度は背中ニキビに悩んだことがある人は多いのではないでしょうか?
一度できると再発しやすく、ケアもしづらい場所です。特に夏は水着やオフショルダーを着たいのに背中ニキビが恥ずかしくて着れず、悔しい思いをしたことのある方もいるかもしれません。今日はそんな背中ニキビの原因と化粧水を使った対策法をご紹介します。

背中ニキビができる原因

背中ニキビの原因は大きく二つあります。まずは、過剰に分泌された皮脂や汗、洗い残しなどによって毛穴に皮脂がつまりできて細菌が繁殖してしまうという物理的なストレスによるニキビです。

次に考えられる原因は日常生活などから起こりやすい精神的ストレスです。精神的なストレスを強く受けると、交感神経が活発になり、男性ホルモンが過剰分泌されてしまいます。男性ホルモンには皮脂分泌を促進し、毛穴を収縮させてしまう性質があるので、結果的に毛穴に余分な皮脂がつまり背中ニキビを引き起こしてしまいます。

背中ニキビを化粧水でケアするには

まずは入浴後にやさしくタオルで水気をふきとり、化粧水を塗ってあげましょう。顔用のニキビ対策、皮脂、毛穴用化粧水や、弱酸性の軽いテクスチャーの化粧水がおすすめです。顔用の化粧水は、例えばビタミンC誘導体など背中ニキビにも有効な成分を含んでいます。抗炎症作用、抗酸化作用、皮脂の過剰分泌を抑える作用は背中ニキビにも効果的です。

背中は顔のように化粧水をぬるのが難しいのでスプレーボトルなどに入れ替えてシュッと吹きかけられるようにしておくと便利です。お風呂から出たタイミングで行えば習慣付けもしやすいです。

背中ニキビができてしまったときに他に気をつけることは?

毛穴が詰まっているからといってボディーソープでゴシゴシと洗うのは間違った対策法です。基本的にはニキビを刺激しないように、お肌に優しい弱酸性のボディーソープをよく泡立てて優しく汚れを落としてあげましょう。ボディーソープの洗い残しにも注意が必要です。シャワーと湯船のダブルでボディーソープをしっかり落とすようにしましょう。

また、湯船の温度も42度以下の熱すぎないお湯にすることをおすすめします。高温のお湯はニキビへの負担が大きい上に余分な皮脂を洗い流してしまい、さらに過剰な皮脂の分泌を促進してしまう恐れがあります。

まとめ

背中ニキビはケアしにくい場所だからと放っておくと化膿してかゆみが出たり、シミになってしまったりしやすいものです。ニキビ対策用の化粧水を中心に、お気に入りの化粧水を見つけて、スプレーボトルなどを活用しながら工夫してケアを続けていきましょう。

もちろん、汗やボディーソープをしっかりと洗い流し、清潔なタオルで水分をふき取ることもセットで行うことをおすすめします。ニキビ知らずのつるつるな背中で、水着やオフショルダーなど背中にコンプレックスを感じることなくファッションを楽しみましょう!

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら