化粧水のおすすめランキング 化粧品比較の匠

たるみ対策!化粧水を使って気になるたるみを改善 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

たるみ対策!化粧水を使って気になるたるみを改善 |
口コミ情報掲載!化粧水の比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

たるみ対策!化粧水を使って気になるたるみを改善

2017.05.23

皮膚のたるみの原因は加齢や顔まわりの筋力低下、生活習慣など大小様々な問題から引き起こされます。
代表的な加齢から起こる肌弾力や表情筋、生活習慣からくる姿勢の悪さが起因したものや、普段外へ出る時の紫外線対策によっても、変わってきてしまうものです。

■たるみを引きおこしてしまう主な原因を見直してみよう

加齢以外にたるみを自分で食い止めることができるものは生活習慣です。この生活習慣の中でまず見直していきたいのが、姿勢の改善と言えるでしょう。
日本人は外国人から見ると猫背に見えるという話もあるように、座り仕事の多い方やスマホやケータイを使って日常生活を送ることが増えてきているのも原因で、どうしても姿勢が悪くなってしまいます。
猫背状態は、自然と首が突き出す姿勢になり、顔の皮膚が下に引っ張られ血流が圧迫されてしまいます。
この血流の圧迫も顔周りのリンパや脂肪を大きくさせてしまう原因になります。筋肉の低下などから起こる大きなたるみを化粧水で緩和していくことは難しいですが、普段からのケアを徹底的に行うことで、この現象を食い止める工夫ができます。
また、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる真皮層レベルでのコラーゲン・エラスチンの減少や、毛穴の開きから起こる軽度のたるみであれば保湿タイプの化粧水を工夫して使用することでステップアップを望めます。

■たるみを原因別の化粧水の選び方、付け方の工夫

加齢や疲れ、ホルモンバランスの乱れによるたるみには、ハリを与えるタイプの化粧水を選ぶのがおすすめです。 皮膚中に存在するコラーゲンやエラスチンの減少を助ける役割を担う成分として代表的なものは、ビタミンC誘導体やレチノール配合のものです。低刺激かつ高保湿を望むのであれば、セラミドとヒアルロン酸を配合した化粧水が良いでしょう。
使い方ですが、たるみがどうしても気になるからといって、たるみを引き上げるようにしっかり塗り込んでしまうと、必要以上の摩擦を肌に与えることになり、逆効果にもなります。
まずは、使用量を守って適量を手に取り、人肌で温めます。次に優しく包み込むようにソフトタッチで顔全体にくゆらせると良いでしょう。その時出来れば、下から上へなじませることが秘訣です。また、怠りがちな鼻やアゴ、さらには首やデコルテも一緒になじませると良いでしょう。
スペシャルケアをしたい場合でも化粧水だけで十分にケアすることが可能です。柔らかいコットンに化粧水をたっぷり含ませてパックを行う方法です。
特別な美容医療や高額化粧品を買わずにハリを取り戻すには、このコットンパックがおすすめです。ハリの低下が気になる部分を中心に、コットンにたっぷりと化粧水を含ませて、5分~10分を目安に保湿をします。できれば週に数回行うと効果的です。

■たるみケアには化粧水やエクササイズを欠かさずに

たるみケアに必要な化粧水選びの基準には、テクスチャーやコストパフォーマンスなど吟味して、毎日欠かさずに使い続ける習慣性を考慮しましょう。
大きな改善をすぐに望むのではなく一緒に頬のたるみをとるエクササイズなど、筋力を鍛えることもプラスで行えば、さらなる改善が望めることでしょう。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら